カテゴリー「その他話題」の記事

2011年6月 1日 (水)

ブログをBloggerに引越ました!

まだ建設途中ですが、ココログからBloggerに引越ました。

ブログのタイトルは従来通り「印旛沼・房総サイクリングロード」です。

ブックマークの変更を宜しくお願いします。

URLはこちら

ご愛読いただいている皆さま、お手数をおかけしますがブックマークの変更を宜しくお願いします。

管理人拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

千葉チャリティーすいかライド(第8回銚子センチュリーラン代替)に申込ました。

毎年欠かさず参加してきた銚子センチュリーラン。

成田市をスタートし九十九里、銚子、利根川をぐるっと回って160キロ走るこのイベントは、首都圏では貴重なセンチュリーランですが、今年は東日本大震災でコース上の地域が被災しました。

地割れや崩壊により、コースの一部が通行止めとなり、復旧の目処は立っていません。
そのため、今年は被災地域を通らないコースに変更し、距離も約 100km と短縮し、名称も変更となりました。

主催者である千葉県サイクリング協会によれば、今回は「道の駅多古」で地元の“すいか”が振舞われるそうですが、チェックポイントでの飲み物・食べ物の提供は最小限にして、沿道のコンビニ、道の駅、商店、飲食店等を大いに利用して少しでも地元の応援になれば、と考えているそうです。

参加費3000円の中から半額の1500 円を県内の被災者の方々への義援金とするそうです。

今日は千葉県サイクリング協会会員優先申込がスポーツエントリーで始まり、私は早速申し込みました。

詳しくは千葉県サイクリング協会HPでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

スタンドを買い換えました

ガレージに置いてある自転車のスタンドが傷んできたので買い換えました。

また大きな地震があったとき、自転車が倒れるのが心配で(3/11の時は無事でしたが)、しっかりしたものを選んで購入しました。

今まで使っていたMinoura製のものが安心なので、ネットで調べて注文。本日届きました。

DS-70N
Ds70_blank

Dsc00360_2

Dsc00361

安定性重視の後輪ハブ軸挟み込み式スタンド
後輪ハブ軸を左右から挟み込んで後輪を持ち上げ自立させるタイプのスタンドで、装着時の自転車の安定性を重視したモデルです。

フレームの頭頂部が曲げてあるため、リアディレーラへのアクセスが容易で,整備性に優れています。
またディレーラの位置によりスタンドフレームと干渉してしまうこともありません。

本体は補助フレーム付きの鉄パイプでできており、がっちり後輪ハブ軸を挟み込みます。
クイックレバー側(左側)のカップリングは回転させることができ,大きめの切り欠きによりクイックレリーズのレバーをしっかりと保持できるようになっています。

本体は折りたたみ構造ではないので、かえって安心です。

もう一つはDS-520

Ds5202_blank

Dsc00362

Dsc00364

自転車を軽く持ち上げ、フレームのリア三角(シートステーとチェンステー)の2箇所をフックに差し込むだけで自転車を自立させることのできるタイプのスタンドです。
後輪が持ち上がるため、ディレーラ調整やチェーンの清掃などのメンテナンスに便利です。
しかも、フレームで支えるため、後輪をはずしても整備できるところが優れています。

X字型の脚は、前後左右への動きに対してもしっかりと自転車を支えてくれます。
フックは発泡PVC製のフックに変更されソフトにフレームに接するように旧型から改良されています。

大切な愛車は乗らない時もいたわってあげたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

震災の爪あとも生々しい印旛沼サイクリングロード

震災で随分ダメージを受けたという私のホームコース印旛沼サイクリングロードの様子を確かめに行ってきました。

この日は自転車ではなくバイクで。

いつも情報源にしているラウンジSにも色んな方の書き込みが出ていますが、やはり自分の目で確かめてみよう、と行ってきました。

110410_163045_2 まずは国道356号線旧道の安食卜杭からふじみ橋のアンダーパスを目指してみました。
356号バイパスをくぐるアンダーパスへの分岐が百メートルほど激しく陥没しており、クレバス状になっていて驚きです。通行止め(バリケードで封鎖)となっていますが、バイクなので、気をつけて走行してみました。

こんな千葉県の内陸部でもこれほどの地割れが起きるような衝撃があったということに改めて驚きました。

110410_163621 サイクリングロードの終点でもある利根川の長門川公園で少し休憩。

この時期しか見られない長門川の印旛水門沿いの桜並木に心を癒されます。

今度は被害が激しかったという北印旛沼のサイクリングロードの調査に向かいました。

110410_170542110410_171215 このルートは土手の下にサイクリングロードに沿って車道があり、そこをバイクで走ってみました。
すると程なく青いビニールシートに覆われたサイクリングロードの哀れな姿が。

更にはガードレールが崩落している箇所も。

110410_171549 110410_175030もうしばらく走ると200メートル近く青いビニールシートに覆われた一帯が。
これはあまりにもひどいです。
当然北印旛沼のコースは通行止め。

土手の地盤が弱いのか、理由はわかりませんが、これほどの崩落を改修するのにどれほどの時間とお金がかかるのでしょうか。

千葉県内では各地に大きな被害が出ており、そちらの復興が最優先。
残念ながらサイクリングロードが復旧するのは相当先になりそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

THULEのサイクルキャリアを付けました

自転車ツーリングで使っていたセカンドカーを売却したので、元々乗っていたVOLVOにTHULEのサイクルキャリアを付けました。

ProRide 591という製品で、スウェーデン製ということもありデザインもクオリティも優れていてもちろんVOLVOとの相性もばっちり。

Dsc04647_3
今までの車(BMW mini)につけていたのはメーカー純正で、構造的には似ているものの、使い勝手は格段の違い。
何より、miniにつけたキャリアは脚立に乗らないと自転車を乗せられないというもので、どこにいくにも脚立を持参しなければなりませんでした。


Dsc04654_6
今度の製品は、普通に立ったまま自転車を持ちあげてレールに乗せ、自転車の中央下部のフレームにレンチのような形状をしたフレームホルダーをかけます。
レンチ状のフレームホルダーは自転車のフレームに横からかませるだけ。


Dsc04653_3
後はキャリア下部にあるダイヤルをグリグリっと回すと、フレームホルダーのレンチ部が締まり、自転車がしっかり固定される、という仕組みです。


今までは自転車の積み下ろしが面倒くさかったのですが、これに変えてから実に簡単になりました。

翌日の菜の花サイクリングの前泊で館山まで走りましたが、安定感も抜群。

ツーリングが更に楽しみになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

ツール・ド・ちばの参加証が届きました

今日帰ったら、ツール・ド・ちば実行委員会から大判の封筒が届いていました。

中を開ければ、参加証を始め、しおりやコースガイドなどが入っていました。

今年が第5回。私は第2回から欠かさず参加しています。

勝手知ったるコースではありますが、今年はどんな体験や出会いがあるか、今からとても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

いよいよ来週。センチュリーラン笠間

茨城県サイクリング協会主催のセンチュリーラン笠間がいよいよ来週に迫ってきました。
猛暑のせいで8月はほとんど練習をギブアップ。
前週に100キロ走って熱中症になってしまったので、今週は近場で成田まで軽く走ってきましたが、1時間も走ると猛烈なアスファルトからの照り返しで消耗します。
来週もまだ暑いだろうし、大丈夫かな。完走できないかも・・・。

とは言いながら、大盛カレーうどんをきっちり食べてしまいました。

帰りにタキサイクルに寄ってメンテナンスをしてもらいました。
センチュリーラン笠間は車検が厳しく、サイクルショップによる事前点検整備を義務付けているからです。
チェックを終え、車検証に印鑑をもらい準備は整いました。
後は来週の日曜日が涼しいことを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

センチュリーラン笠間 申し込みました

茨城県サイクリング協会主催「センチュリーラン笠間 の参加案内が来たので、今年は初めて申し込みました。
6月に開催された「霞ヶ浦一周サイクリング大会」に参加したので、募集要項が送られてきたようです。
今年は欠かさず参加していた「銚子センチュリーラン」が所用で参加できなかったので残念に思っていましたが、関東で開催される数少ないセンチュリーランなので、楽しみです。

この所の暑さで自転車はお休み。ちょっと走らないとヤバいかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

ツール・ド・ちば2010のフル参加はキャンセル待ち

3日間参加のコースは既にキャンセル待ちとなっています。

その他のコースはまだ受付中ですが、人気は高まっていますね。

私は初日の12時過ぎに予約したのですが、さすがにそれは早すぎたかも、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

ツール・ド・ちばの参加申込が始まりました。

本日からスポーツエントリー で申込受付が始まりました。
私は3年連続で3日コースの申込を早々に済ませました。
首都圏での複数日にわたる長距離大会は貴重で、年々参加者も増えています。
今年は何日で枠が一杯になるでしょうか。
今から大会が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧